いよいよ今年も超寒波到来

11月になり、外もキレイな紅葉がみられるようになりましたが、まだ長袖にパーカーでも充分過ごせる日が続いていましたが、ついにというか急に寒さが訪れました。

天気予報も曇りのち晴れで、思い切り洗濯をし、布団も干していたお昼過ぎに、何気なく昼すぎのワイドショーを見ていたら、なんと都心部に雨が降っているというのです。

そこから我が家まで電車で20分足らずの場所なので、びっくりして外を見ると、さっきまでの気持ちよい晴れとは違い、今にも空が落ちてきそうなほどずっしりと重い雲がかかっていました。

これはまずいかもと急いで布団を取り込み、次に洗濯物を入れようとした瞬間、すごい北風とともに大粒の雨が手に当たりました。

なんとか布団の取り込みは間に合いましたが、その後あっという間に土砂降りです。

問題はその時間で、時計を見ると午後3時を少し回ったところ。

この時間だと子どもがちょうど学校を出るころなのです。

迎えに行こうかどうしようか悩みましたが、高学年になり通学路をはずれて帰ることもあるので、途中で会えるかどうかも分からず、何より強風で傘が壊れないか心配と言うのもアリ、心の中で「ごめんよ」と思い家で待つことにしました。

当然その後「雨すごかったよー」とびしょ濡れの子どもが帰ってきたのですぐシャワーをさせました。

その後夕方のニュースを見ると、東北は雪が降っているとのこと。

先月は遅い残暑もあったというのに、あっという間に冬がやってきますね。
男のマックス 評判