感謝の気持ちを忘れずに

先ほど、以前、お世話になった方のブログを読んでいて、んーっと思う事がありました。
その方は、以前私が受講したかった、とあるセミナーを開催していただきたく、お願いした方です。
私がホストとなって、セミナーの会場の手配、人集めなどを手伝いました。
その方は、そういう風に、よく人から頼まれ、セミナーを開催して教えています。
ブログを読むと、数日前に、他の方がホストになってセミナーを開催していたようでした。
どうも、その内容が、私にはあまり良い感じがしませんでした。
というのも、どうもその方はこっちがセミナーを教えてあげてるんだという感じで、ホストさんに対して、上から目線だからです。
どうも、ついついセミナーをする立場、先生という人に教える立場になると、こっちがしてあげてるんだという気持ちになってしまうみたいです。
でも、なんだか、それは可笑しいなと思ってしまう。
何故なら、どちらか一方という事はないから。
その人はセミナーをするにあたって、ちゃんとその受講料を受け取っている訳だし、そのホストさんがいなければ、その人自体、セミナーも開催できないのです。
集まってくる受講生さんがいなければ、セミナー自体も、開催できないのです。
その人が一方的に、エネルギーを与え続けている訳ではないのです。
そこを勘違いしているようでした。
いつか、私もセミナーなり、人に教える立場になるかもしれないから、この事は、ちゃんと覚えておこうと思います。
常に感謝の気持ちを持って、高飛車にならないで教えたい物です。